BtoB企業にSNSは必要?

こんにちは。株式会社BENLYの八幡です。クライアントのWebマーケティング支援の他、自社サービスのマーケティングを担当しています。

最近BtoC企業でSNS運用をする機会が多くなってきました。そういうこともあり、これまではWebサイトを集客起点としていたのが、SNSも流入元の1つとして中小企業に定着しつつあると感じています。ただしSNSを活用しているのはBtoC企業が多く、BtoB企業では「うちはBtoBだからSNSは必要ないよ。」という意見が多数を占めている気がします。確かにBtoBだとSNSを活用しきるのは難しいかもしれません。

そこで今回は「BtoCでSNSを運用していたら、こんなことがありましたよ!」というのをお伝えできればと思います。「そんなメリットがあるなら、ちょっとやってみようかな・・・」と、とりあえずやってみるということに繋がれば幸いです。

1.サイトの訪問数が増える

投稿する際にサイトURLを貼ったところ、SNS経由での流入数が増えました。サイト分析ツールGoogleアナリティクスで分析をすると、SNSから流入したユーザーでも、その後の会員登録や購買につながっています。SNSでざっくりした情報は得ていて、その後さらに詳しく知るためにサイトを訪問する、という流れができていると考えています。

集客をSEOとリスティング広告だけに頼るのではなく、SNSを育てていき安定した訪問数を獲得する経路を作っておくというのも大切だと考えています。自社サイトでブログやニュースを頻繁に更新しているのであれば、それをSNSにも転載することでリソースを節約して運用することができます。

2.気軽な問い合わせが増える

ちょっとしたことを知りたいだけの時、専用フォームや電話で問い合わせるのは結構勇気が要りますよね。私の場合は、その後しつこく営業が来たらどうしようとか、かしこまって連絡するのも面倒だなと考えてしまいます。そんな時はSNSのメッセージ機能で問い合わせるのが気軽でとても便利です。メールと違って、メッセージだと1~2行くらいの文章で単刀直入に尋ねることができます。チャットと似た感じですね。

またフォームや電話などでの本格的な問い合わせ数を増やすのは少々骨が折れますが、気軽な問い合わせ数であれば増やしやすいです。それらを丁寧にフォローして購買につなげると、ユーザーの満足度も高くなります。

ちょっと注意が必要なのは、素早く返信する必要が出てくるということです。チャットなのに数時間も返信を待たされたらメールと全然変わらなくなってしまいます。友人とLINEをするような気軽さで、素早い返信と回数の多いやり取りが求められます。海外、特にアジア圏が相手の場合はその傾向が著しく強いです。メッセージ SNSの利用率が高いためです。全員が通知を受け取れるようにしておき、気づいた人が適宜対応するというのが良いと思います。

3.良い評判を投稿してもらえる

自分たちの投稿にいいねやコメントをしてもらえるのも嬉しいですが、ユーザーが良い評価をゲスト投稿してくださるのはさらに嬉しく感じます。Facebookには管理者以外に、ゲストが投稿できる機能があります。自分たちの投稿と同じウォールではなく、全員が見える形で投稿が蓄積されていきます。良い評判が集まっていれば、初めてページを訪れた人も企業に対して信頼感を持ちます。

ビジネスの機会があった時に、投稿をお願いするのも良いと思います。クライアント側が発信することで、より効果的に実績をアピールすることができます。

4.求人の応募がある

ユーザー向けに投稿をしていただけだったのですが、海外ユーザーから「自分はこれまでこういうことをやってきた。御社でこういう職種で働けないか?」というメッセージがありました。ユーザーにどういう対応をする会社なのか?ということが、そのまま人を惹きつけるか否かということにもつながっていると感じた一例でした。自社をアピールすることが集客だけでなく人材獲得に繋がると一石二鳥になります。

「3.良い評判を投稿してもらえる」の内容と重なりますが、「信頼感を出す」という意味ではSNSはうってつけのチャネル(※ユーザーの獲得経路)だと思います。ウェブサイトが静のチャネルなら、SNSは動のチャネルです。定期的に発信を続けることで、盛り上がっている雰囲気を醸し出すことができます。

最後に・・・

いかがでしたでしょうか?BtoCほどのインパクトは出ないかもしれませんが、1~4のメリットはBtoB企業にとってもあったら嬉しいものだと思います。

難しいことは全くなく、どれだけ根気よく改善しながら続けられるかが重要だと考えています。肩肘張らずに、まずは週に2回程度30分でサクッと会社のことを投稿してみるくらいの気持ちで大丈夫です。いいねやコメントがつくようになると、嬉しくてもっと投稿するようになっています笑

デジタルマーケティング導入をお考えの方へ

オンラインとオフラインのマーケティング活動により獲得したリードとの関係性を深めることで顧客化していくデジタルマーケティング。「モノカク」を運営するテクノポート株式会社では、技術系企業専門の「デジタルマーケティング」を導入・定着化していくための支援を行っています。

関連記事一覧