海外B2B企業に学ぶSNSマーケティング事例

SNSはその拡散力のおかげで、”コンテンツはブログやホームページにアップするよりも、まずSNSで発信することが大切だ。”という意見もよく言われるようになりました。ただ日本国内では、B2Bビジネスを行っている企業のSNS活用事例はまだまだ多くないのか現状です。そのため今回は、B2Bビジネスを行っている海外企業のSNS活用事例をご紹介します。
 

1. Maersk(デンマークの物流会社)

Maerskが最初にSNSを活用したのは2011年のことです。MaerskのSNSリーダーによると、当初のSNS活用目的は、ブランド認知度向上、従業員の満足度向上、そして顧客との関係構築でした。彼らはこれらの目的を「ビジネスから生まれるストーリー」を集中して発信することで達成しています。
 
例えばTwitterでは、”世界でブームになっているケニア産アボカドに、私たちのテクノロジーがどう貢献しているかチェックしてください。”という文章とともに、ストーリー詳細へのリンクが添付されています。
maersk_twitter
 
またFaceookでは、”ロシアの冬がやってきました。私たちがどうこの寒さと戦い、貨物船が進むようにしているかチェックしてください。”という文章とともに詳細リンクと、氷で覆われている貨物船の画像が投稿されています。
maersk_facebook
いいね数、シェア数、コメント数ともに非常に多く、確かに「おもしろそう!内容を知りたい!」と素直に感じさせるコンテンツとなっています。
 
このMaerskですが、Facebookのファンは100万人を超えており、そのうち15%は顧客に転換しているとのことです。
 

2. AGCO(農業機器の製造販売を行うグローバルカンパニー)

AGCOはMassey Ferguson、Challenger、Valtraなど、農業機器のブランドを自社でいくつか保有しています。そのため彼らのSNS活用目的は、ビジネスを農家や自社の機器を取り扱うディーラーとつなげることでした。
 
この目的を達成するために、AGCOは”週刊豆情報”ということで、自社の農業機器が活躍している様子を収めた写真をFacebookに投稿しています。
agco_facebook
 
 
最終的には、SNS運用にとどまることなく、ディーラー向けに機器活用法のトレーニングや販売促進のマーケティングツールを提供することで、よりパートナーシップを強くしています。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。B2Cよりも難しいと思われがちなB2BのSNS活用ですが、ビジネスに関連する面白いコンテンツであれば、顧客との関係を構築することができるという事例が増えつつあります。お金がかからない代わりに時間をかける必要があるSNS運用ですが、企業活動に良い影響を与えることは間違いないので、ぜひチャレンジしてみてください!

関連記事一覧