新ブランドの立ち上げで異分野への参入に挑戦(星製作所)

「板金ケース.com」というサイトで多くの新規顧客を獲得していた星製作所は、更なる自社ブランド展開を模索するためにブランディング研究会への参加を決意した。

名称未設定

 

ブランディング研究会での取組みの軌跡

〜キックオフミーティング開催〜

1499536_764543300225296_1866662991_n

新しいブランドを立ち上げることを目的にブランディング研究会への参加した星製作所は、数年前から取組んでいる自社ブランドの「板金ケース.com」を成功させた経験をもとに、新たなブランド立ち上げの挑戦を決意した。

話し合いの結果、以前から大きな可能性を感じていた音楽業界へ参入することとなった。板金ケース.comへ定期的にエフェクターの筐体を作って欲しい、という要望を受けていたことから、新たなブランドとして「エフェクターケース.com」の立上げを行うことに。

 

〜協力企業とのコラボレーション〜

新ブランドのWebサイトを立ち上げるためにマーケティング調査を行うと、エフェクターケースには「エフェクターの筐体」と「エフェクターを運搬するケース」の2種類のニーズがあることが分かった。

Webサイトを運営する上で両方のニーズに応えられる体制を取るために、アルミやジェラルミンを使った運搬用ケースのオーダーメイド製造を行っている伊藤製鞄とコラボレーションをすることとなった。

 

〜ブランドロゴの決定とWebサイトの立上げ〜

名称未設定

ブランドのロゴは「板金ケース.com」の姉妹サイトだということが一目で分かるように、同サイトのロゴをベースに制作を行った。

Webサイトの名称は予定どおり「エフェクターケース.com」とした。今までにないサービスとなるため「オーダー方法が一目で分かりやすい」、「動画で発注から納品までの流れを説明する」といった点に工夫を凝らした。

スタートダッシュを行うために、「エフェクターケース」や「自作エフェクター」といったキーワードでリスティング広告も開始。

 

〜日経産業新聞に取り上げられる〜

IMG_1029

町工場の異分野に新規参入という話題性が功を奏し、日経産業新聞(10月31日・第9面)に掲載される。

 

〜楽器フェア2014に出展〜

展示会

11月21日~23日までビックサイトで開催される「楽器フェア2014」に出展。

テストマーケティングが主目的ということで、小規模なブースでの出展だったが、3日間客が途絶えることはなかった。

アンケートを316枚、E-mailアドレスを226個獲得することに成功。

アンケートではオーダーメイドのエフェクターケースに求めることや、その他オーダーメイドしてほしい楽器や部品などの要望を知ることができた。

「訴求力強化やアクセスアップにつながる事例の作り方」を学ぶオンラインセミナー

テクノポートが主催する「TECHNO-PORT オンラインセミナー」第24回目のテーマは「訴求力強化やアクセスアップにつながる事例の作り方」です。

ホームページへの集客がある程度成功したら、そのアクセスを問い合わせに繋げないといけません。獲得したリードを興味の段階から問い合わせするレベルに引き上げてくれるのが、加工事例や製品事例です。

今回のセミナーでは、加工事例のページを作る場合の詳細な内容や注意点、問題となる写真の使い方など、訴求力強化やアクセスアップにつながる事例の作り方について解説します。

詳細・申込はこちら

関連記事一覧