定期的な更新でコンスタントな問い合わせ!HP成功事例

皆さまこんにちは!山口遥です。

 

今回ホームページの成功事例としてご紹介するのは、

埼玉県吉川市の『株式会社マルエス工業』様です。

 

開業当初はバフ研磨屋さんとして始まったマルエス工業様ですが、46年経った今

同社は、金属の黒染め処理、バレル研磨、電解研磨、化学研磨といった表面処理を得意としています。

マルエス工業TOP

 

サービス導入のきっかけは…

弊社での導入を決める以前より、同社はホームページ営業に力を入れていました。

しっかり反響も出ていたようで、問い合わせから受注に繋がることもたびたびあったようです。

では、なぜ反響のあるホームページを手放して、弊社にてリニューアルしたのでしょうか?

 

それはホームページの「運営とサポートの充実」にあります。

 

以前お願いしていた制作会社では、当初は定期的に訪問してニーズを引き出してくれるなど、

手厚いサポートがされていたようです。

しかし、担当者が退職したのをきっかけに、担当が次々と変わり、

仕舞には数カ月に一度電話でのサポートになっていったようです。

 

これではせっかく受注が取れていたホームページの仕事量を落としかねない!

ということで、弊社にてリニューアルをさせていただき、定期的にサポートをさせていただいています。

 

 

強みをそれぞれ別ページでPRしたことが成功の鍵

「黒染め処理」「バレル研磨」「電解研磨」「化学研磨」

以上が、同社がPRしたいポイントです。

 

本来、強みを絞り込んで対策することで、お問い合わせ率を上げていきます。

しかし同社の場合、前ホームページにて効果が出ていたため、

今回は情報を省かず、コンテンツ量をさらに増やすことにしました。

 

ただし、闇雲にどんどん情報を増やせば良いわけではありません。

注意したのは以下の点。

 

・4つの加工技術を別々のページに分類

・どのページからも飛べるよう、サイト内のリンクを極力多くする

・それぞれのページを全く異なるキーワードで対策し、それぞれの情報量を多くする

 

サイト内には、かなり多くのテキストが使われており

現在進行形で、ページや情報量を増やしています。

 

 

その結果…

これが功を奏し、絞り込んだ検索にヒットしやすくなりました。

マルエス工業 検索キーワード

上の画像が示しているように、

「加工方法 素材」での検索数が格段に多いのがわかります。

 

公開から1年経った今でも、コンスタントにお問合せを呼び込めています。

 

お問合せいただく方も、個人から幅広い業種の企業まで、様々だそうです。

デザイナーさんからの発注もあり、素敵な商品を生み出しています。

 

(その一例がこちら↓)

http://www.claustrum.net/main.html

 

今後の動きとしても、定期的に訪問&サポートをしてホームページを進化させてくれる。

ということにご期待頂いているようです。

 

訪問させていただく度に社長は仰います。

「うちの営業マンはこのホームページをだからね!しっかり仕事してもらわなきゃ!」

 

より多くの方にマルエス工業様を知ってもらうべく、今後もしっかり成果の上がるサポートを続けて行きたいです。

関連記事一覧