世界の製造業「ベトナム」

テクノポートの稲垣です。若い年齢の人口が豊富なベトナムは、労働力に長けており、製造業の進出を考えている企業も多いのではないでしょうか。

今回は「ベトナムの製造業」の実態について紹介します。ベトナムへの進出を検討している方や、ベトナムの製造業の現状を知ることができますので、ぜひ参考にしてみてください。

まずはこちらの表をご覧下さい。


出典:2020年度 日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査(ジェトロ海外ビジネス調査)

上記の表は、JETROが行った日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査から引用したものです。左の列に記載されている国名は日本企業が次の事業拡大先として選んだ地域が順に並んでおり、ベトナムは中国に次いで第2位にランクインしています。

日本総研の調査によると、ベトナムが日本企業からの注目を集める理由として、中国の輸出管理規制強化を考慮したチャイナプラスワン(中国以外の国へ拠点を設けリスクを分散させる経営戦略)が盛んになってきたことが挙げられます。

今回は以上で紹介したように、中国に次ぐ日本企業の進出先として大きな注目を集めるベトナムの製造業を日本企業の視点から掘り下げていきます。

参考資料

[1] 2020年度 日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査(ジェトロ海外ビジネス調査) | 2021年 – 記者発表 – お知らせ・記者発表 – ジェトロ
[2] チャイナ・プラスワンで優位に立つベトナム|日本総研

基本情報

  • 正式名称:ベトナム社会主義共和国(Socialist Republic of Viet Nam)
  • 首都:ハノイ(Hanoi)
  • 元首:グエン・スアン・フック(2021年4月~)
  • 首相:ファム・ミン・チン(2021年4月~)
  • 通貨:ドン(1ドン=0.0047 円 ※2021年4月27日時点)
  • 人口:約9759万人
  • 面積:約33万km2
  • 公用語:ベトナム語
  • 宗教:仏教(80%)、キリスト教(9%)、イスラム教、カオダイ教、ホアハオ教、ヒンドゥー教
  • 平均寿命:男 70.9歳、女 76.2歳

参考資料

[3] ベトナム基礎データ|外務省
[4] ベトナムの基本情報|地球の歩き方
[5] Vietnam | History, Population, Map, Flag, Government, & Facts | Britannica
[6] ベトナム社会主義共和国主席 – Wikipedia
[7] ベトナムの首相 – Wikipedia

産業構造

まずはベトナムの産業構造の調査結果を紹介します。下の図はベトナムの国内総生産(GDP)の内訳の推移を示したグラフです。

データ引用元:Vietnam: sectoral composition of the economy | TheGlobalEconomy.com

グラフと関連データから以下のことが分かります。

  • GDPに占める製造業の割合は近年は横ばい傾向
  • 他のASEAN近隣諸国と同様に、サービス産業が拡大する一方で、農業の割合が減少傾向

現状

  • 製造業のPMIは、2021年3月に53.6を記録し、新型コロナウイルス発生以降、最高を記録
  • 2020年のGDPは前年比2.9%の増加を記録(中国の増加率2.3%を上回りアジアでトップ)

今後

  • 2021年のGDPは前年比6.6%の増加を記録する見通し(輸出主導型の製造業、国内の需要回復が主な理由)
  • Fitch Solutionsの調査によると、ベトナムは今後、中国に代わる製造業の拠点として世界中の企業からより一層の注目を集める予想

参考資料

[8] Vietnam: sectoral composition of the economy | TheGlobalEconomy.com
[9] Manufacturing value added by country, around the world | TheGlobalEconomy.com
[10] Vietnam Purchasing Managers Index (PMI), manufacturing, March, 2021 – data, chart | TheGlobalEconomy.com
[11] Vietnam Overview
[12] Vietnam is Asia’s top-performing economy in 2020 amid Covid pandemic

製造業全体

次に、ベトナムの製造業の調査結果を紹介します。下の図は、ベトナムの製造業が生み出した付加価値額の推移を示すグラフです。(縦軸は10億USドル)


データ引用元:Vietnam Manufacturing value added – data, chart | TheGlobalEconomy.com

グラフと関連データから以下のことが分かります。

  • 2011年以降、増加が続く
  • ベトナムの製造業のGDPは2019年時点で約432億USドルで世界第35位

現在

  • 製造業用の土地の使用率がここ2018年から急速に増加し、2020年3月時点で74%が使用されている(中国への過度な依存を避ける企業が増加していることが主な要因)
  • ベトナムの人件費は中国の1/3〜1/2程度であり、海外企業の製造拠点として注目を集めている

今後

  • Navigos Groupの調査によると、製造業の急拡大に伴い、熟練労働者の不足と労働者の賃金上昇が現在より一層深刻化する見通し
  • ベトナム国内のサプライヤーが不足しており、今後いかに中国からの輸入に対する依存を減らすかがベトナム製造業成長の鍵になる予想

参考資料

[13] Vietnam Manufacturing value added – data, chart | TheGlobalEconomy.com
[14] Manufacturing value added by country, around the world | TheGlobalEconomy.com
[15] Global manufacturers are flocking to Vietnam. Is it ready? – Nikkei Asia
[16] Growing industries in Vietnam – Google SearchTop 5 promising industries for international businesses in Vietnam

製造業の内訳

次に、ベトナム製造業の内訳を紹介します。下の図は、ベトナム製造業の各分野が生み出した付加価値額を示すグラフです。グラフの色は青色:2006年、橙色:2011年、灰色:2016年を表しています。


データ引用元:VIET NAM INDUSTRY WHITE PAPER 2019 (SUMMARY).pdf

グラフと関連データから以下のことが分かります。

  • 2016年における付加価値額トップ3の産業

1位:エレクトロニクス産業(約127億U.Sドル)
2位:食品産業(約105億U.Sドル)
3位:衣料品産業(約68.3億U.Sドル)

  • 2016年における輸出額トップ3の産業

1位:エレクトロニクス産業(約592億U.Sドル)
2位:衣料品産業(約292億U.Sドル)
3位:畜産・水産業(約169億U.Sドル)

現在

  • 国内の電気需要の拡大に伴い、エネルギー産業の成長が続いており、歴史は浅いものの東南アジアにおいてトップ3の生産国になっている
  • ベトナム製造業への投資は主にエレクトロニクス関連産業(例:Appleのイアフォン製造、SHARPの液晶ディスプレイ製造)

今後

  • 今後、鉄鋼の輸出がベトナム製造業の主要な成長要因として機能する見通し
  • エレクトロニクス産業の輸出額は全体の40%を占めており、半導体産業の成長に伴い今後も拡大を続ける見通し

参考資料

[15] VIET NAM INDUSTRY WHITE PAPER 2019 (SUMMARY).pdf
[16] Which economic sectors are predicted to grow in Vietnam next year? | Vietnam Times
[17] Rags to Riches: Vietnam’s Growing Electronics Industry | SEMI

日本企業の進出状況

ここからは日本企業の視点から、ベトナムの製造業市場を調査した結果です。下の図は、ベトナムに進出した日本企業数の推移を示したグラフです。


データ引用元:海外在留邦人数調査統計(平成30年要約版)

また下の図は、ベトナムに進出している日本企業の業種を調査した結果です。


データ引用元:海外進出日系企業拠点数調査|外務省

これらのグラフと関連データから以下のことが分かります。

  • ベトナムに進出する日本企業の数は統計開始から一貫して増加傾向
  • 2019年12月時点における日本企業数は1,943社(JETROの調査)

現状

  • 進出日本企業の業種は製造業が最も多く、全体の約49.4%を占める(2019年のJETROの調査)
  • 進出日本企業のうち約52.4%が中小企業(2019年のJETROの調査)

今後

  • 進出企業の今後1〜2年の事業方針の調査では、63.9%の企業が拡大と回答しASEANではトップの数字(2019年のJETROの調査)
  • ベトナムの投資環境リスクの調査では、61.1%の企業が人件費の拡大と回答しており、今後も人件費の高騰は避けられない予想

参考資料

[18] 概況・基本統計 | ベトナム – アジア – 国・地域別に見る – ジェトロ
[19] 20200024.pdf
[20] ベトナム進出日系企業、事業拡大意欲はASEANで最大 | 現地発!アジア・オセアニア進出日系企業の今-2020 – 特集 – 地域・分析レポート – 海外ビジネス情報 – ジェトロ

ベトナムに進出した日本企業

ここからは、実際にベトナムに進出した日本の製造業企業3社を紹介します。

株式会社 橋本クロス

▶基本情報

  • 本社:滋賀県長浜市
  • 従業員数:45人
  • 事業内容:工業用ワイピングクロス製造販売

▶概要

工業用の不織布製品の製造・販売を行う企業。2018年にベトナムにおける製造拠点として橋本クロスベトナム(HCVN)を設立。製造拠点設立の背景には、日本国内の需要の縮小への対応、人件費の削減、東南アジアでの需要拡大、現地日本企業への製品提供などが挙げられる。同社は2019年に新工場を設立し、将来的には日本企業に加え外国企業からの需要に応える狙い。

参考資料

[21] ベトナム社会主義共和国において日本企業が実施する不織布製品の製造・販売事業に対する融資 | JBIC 国際協力銀行

増田ビニール株式会社

▶基本情報

  • 本社:愛知県名古屋市
  • 従業員数:50人
  • 事業内容:樹脂・ゴム製品の押出成形加工による製造・販売

▶概要

プラスチック押出成形事業を主に行う企業。2015年に同社初となる海外子会社、MASUDA VINYL VIETNAM CO.,LTDを設立。設立の主な目的は、ベトナムを始めとする東南アジアに拠点を置く日系企業への製品の供給。また、東南アジアでの需要の拡大が続く建材部品、オフィス関係の部品にも力を入れて生産体制を強化している。

五光発條株式会社

▶基本情報

  • 本社:神奈川県横浜市
  • 従業員数:50人
  • 事業内容:精密バネの製造・販売

▶概要

OA機器、カメラ、自動車部品などに使用される精密バネの製造を行う企業。2004年にベトナムでGOKO SPRING VIETNAMを設立。同社は、ベトナム工場を含めてタイ、インドネシアにも拠点を有しており、海外での製造拠点の開拓を積極的に行っている。

まとめ

今回はベトナムの製造業と産業構造を日本企業の視点から調査しました。調査結果を以下にまとめます。

  • 産業構造:GDPに占める製造業の割合は近年は横ばい傾向、2020年のGDPは前年比2.9%の増加を記録(中国の増加率2.3%を上回りアジアでトップ)
  • 製造業全体:ベトナムの人件費は中国の約1/3〜1/2程度、今後は「熟練労働者の不足」と「労働者の賃金上昇」が深刻化する見通し
  • 日本企業の進出状況:2019年12月時点における日本企業数は1,943社(JETROの調査)進出日本企業の約49.4%が製造業
  • ベトナムに進出した日本企業:進出の主な目的は、現地日本企業への部品供給、人件費の削減、東南アジアの需要拡大に対応

今回の内容が、ベトナム進出を視野に入れている方の参考になれば幸いです。

「サプライヤー企業向けWebマーケティング手法(金型・切削加工編)」を学ぶオンラインセミナー


テクノポートが主催する「TECHNO-PORT オンラインセミナー」第14回目のテーマは「サプライヤー企業向けWebマーケティング手法(金型・切削加工編)」です。

Webマーケティングの一般的なやり方はあっても、「実際に自社の業種に当てはめた際にどうすればよいか?」とやり方が見えてこないというお話をよく聞きます。
今回は金型製作業者、切削加工業者の方向けに、サプライヤー企業の具体的な戦略の立て方について紹介いたします。

詳細・申込はこちら

関連記事一覧