続・この夏、生まれ変わる栗原精機~KURIHARA factory REBORN PROJECT~

こんにちは!会いに行ける町工場社長、栗原です!

夏も終わりに近づいて、どことなく寂しい気持ちになっていませんか?不思議と子供のころを思い出したり。夏休みが残り少なくなって、ため息をついたりしていた、あのころ。で、この2019年の夏は、皆さんは、どのように過ごされましたか?9連休を取られた方も多かったんじゃないでしょうか?

弊社(栗原精機)は、通常は機械の稼働を優先して計画を立てたりすることが多いのですが、今年は、完全に稼働を停止しての夏季休業としました。ただしです!KURIHARA factory REBORN PROJECT と称した、工場内の機械レイアウト変更と新規設備導入の準備活動(先月の原稿でも書いたので、覚えていらっしゃる方もいる?)の推進期間に充てたので、実質上は、ほぼ毎日出勤だったんです。

生まれ変わる工場

おかげさまで、計画通りにすっかり工場が生まれ変わることができました。いや~、頑張った甲斐があったというものです。ビフォー・アフターの写真を見てください!床全面をペイントして見違えるほど明るくなりましたよ~。まあ、素人施工なので、塗むらやはみ出しはご愛敬!

今回の活動プロジェクトでは、稼働率の落ちた数台の旧来のマシンを撤去したのですが、その中に、3年半前に亡くなった先代(私の父親)の愛機もありました。

長年にわたって会社の基盤となって活躍してくれた機械ですし、その傍らにはいつも父の姿があった、思いの詰まった機械です。NC旋盤として先駆け的で、歴史的な価値もあるんじゃないかとの思いもあり、遺す道を画策しましたが、諸事情あり、やはり手放すことになりました。運び出される様子は、しっかりと映像に残しましたが、やはり一抹の寂しさは・・・

さて、そんな悲喜こもごもあった機械の移設の仕事ですが、同じ埼玉、川口で社長同士顔なじみでもある、株式会社戸塚重量さんにお願いしました。仕事の依頼は今回が初めてでしたが、ちまたの評判の良い戸塚さん。打ち合わせの時点からスタッフさんが、的確な下見をされていたので、安心して当日を迎えました。

今までの経験からすると、重量物運送業の皆さんは、かなりのベテラン揃いというイメージだったのですが、戸塚重量さんは、全員、若い!しかも、チームワーク抜群で、テキパキと素早く動く動く!しかし、かといって仕事が荒っぽいわけじゃなく、きめ細かく丁寧なんです!動きに無駄がないからそう見えるのかも。常日頃の準備の良さが、現場で活きているっていうのが良くわかります。

一仕事終えて、記念写真。紺のユニフォームが戸塚重量さん。青シャツは栗原精機のスタッフです。

金子社長(写真、右から二人目、ポーズを決めてる)、まだ若いけど、会社に対する熱い思いがちゃんと社員に伝わっていて、すごく良い会社を作っているって思います。経営者として尊敬します。まだまだ自分も勉強しなくちゃ!そんな戸塚重量さんのおかげもあって、準備も完璧に、新規設備導入の8月20日を迎えることができました。

新しい機械

新しく導入したのは、オークマ社製、MULTUS B250IIという機械です。NC旋盤とマシニングセンターの機能が一台に集約された、いわゆる複合加工機というものになります。もともと、割と小さめで複雑形状の切削加工を得意としてきた栗原精機ですが、この新しい機械の導入によって、さらに高精度に、さらに生産性を高めて、お客様のニーズによりマッチした製品を提供できるようになります。

機械にご興味のある方は、メーカーのPR動画をどうぞ!その高性能ぶりをぜひご覧ください。

栗原精機のホームページでは、加工サンプルの写真も載せています。よかったら、こちらもご覧くださいませ。

最後にこの夏の想い出をひとつ、ご報告。

スペイン、バルセロナで同じ機械加工の仕事をしているというご一行様が、工場見学にお越しくださいました。ちょっとしたつながりはあったのですが、そもそものきっかけは、インスタグラムに投稿した写真を見て興味を持ってくれたからなんですよね~。なんだかうれしかったです!

関連記事一覧