2018年8月 googleのコアアルゴリズムアップデート

こんにちは、ものづくり経革広場の渡部です。もう先月の話になりますが、2018年8月1日にgoogleのコアアルゴリズムが大幅にアップデートされました。検索の順位変動に敏感な方は「順位が急に上がった」「順位が急に下がった」と思った方もいらっしゃるかもしれません。常日頃アップデートを繰り返しているgoogleの検索アルゴリズムですが、今回のアップデートで大きく変わったことと、今後の対策について考えてみたいと思います。

どのようなアップデートがあったのか?

まずどのようなアップデートがあったのかについてですが、googleの公式はtwitterで下記の様にツイートしています。

ーざっくり日本語訳ー

今週年に数回行うコアアルゴリズムのアップデートをしました。3月にも伝えた様に今後もまだ続くよ。

具体的にどんな風に変わったのかは言及されていませんが、3月にもあったような大幅なアップデートがあったとのことです。3月にあったGoogleのアルゴリズムのアップデートの方向性として「YMYL」というキーワードがあり、どうやらそれに関するアップデートの様です。

「YMYL」とは

「your money or your life」の略です。

どこかのCDショップのキャッチコピーみたいですが、お金や健康など「人生を大きく左右するような」コンテンツに関しては、「専門性」や「権威性」などを考慮して、信頼性があるかどうか品質をしっかりチェックして評価しますというガイドラインです。

少し前のことになりますがDeNAが運営していたキュレーションサイトが、すべて閉鎖になった事件がありました。専門的な知識が薄いとされる人でも内容がちゃんとしていれば、(リライトがほとんどだったのが問題でしたが)上位表示されていたのですが、google側でも対策をし、信頼できる情報源と思われるものを上位表示するようにガイドラインが変更になっています。

今後の対策は?

googleのアナウンスからすると年内にあと1回はコアアルゴリズムのアップデートを残している様に思います。現状公式からアナウンスされている内容や今回順位変動で、上位に上がったサイトをいくつか調べて、今後の対策を考えました。

1、専門的な知見をもってオリジナルのコンテンツを作る

キュレーションサイトで問題になったのが、リライトといって他の記事の順番を書き換えるなどしてコンテンツを作成する手法です。御社のサイトもどこか他のサイトからコピペした内容を一部書き換えたりして、コンテンツを作っていませんか?もしそのようなコンテンツがあるとすれば要注意です。ペナルティとまではいきませんが、今後順位が下がってしまう危険性がありますので、自社の言葉で再度書き直すようにしてください。

2、情報の拡散に努める

SNSなどを使って自社の情報の拡散に努めてください。先ほど「信頼できる情報源」とお伝えしましたが、その指標となるものの一つが「被リンク」です。ただ、対策としてSEO業者などから「被リンクを購入する」という様な手法はやめましょう。有益な情報であれば、自社の情報は自然とSNSやブログからリンクが張られるはずです。そのような有益な被リンクを集めるためにも1でお伝えした様な自社オリジナルのコンテンツを作ることに力を入れて頂ければと思います。

3、定期的に対策キーワードの順位を調べる

大幅なアップデートは年に数回とはいえ、日常的にgoogleの検索アルゴリズムは変更されていますので、小さなアップデートでいきなり大きく変動することもあります。以前に紹介したGRCを利用するなど、対策キーワードの順位を定期的に調べておきましょう。

今後もgoogleの検索アルゴリズムの動向には目を光らせておきますので、情報が入りましたらご連絡します。

関連記事一覧