外国語ホームページ制作のポイントと制作事例集

ものづくり経革広場の徳山です。ここ最近、外国語ホームページを作る会社が増えてきました。外国語ホームページを制作する目的は様々ですが、会社紹介を目的としたものから、新規顧客獲得を目的としたものまで、三者三様です。今回は外国語ホームページを制作する際に気を付けていただきたいポイントなどをご紹介します。

外国語ホームページをなぜ作るのか

一昔前までは海外企業との取引を行う上で自社のホームページが外国語対応できてないと不都合があったため取り敢えず制作していた、というケースが多かったと思います。新規顧客の獲得が目的というよりは会社紹介的な意味合いが強かったのではないでしょうか。

しかし、最近は外国語ホームページの開設に加え、海外言語SEOやリスティング広告の活用などにより、国内にいながら海外企業からの引合を獲得することのできる手段として期待されるようになってきました。

外国語ホームページならではの気をつけること

海外言語でのSEOはハードルが高いので、リスティングがおすすめ

下記データのように、中国を除きほとんどの国で日本と同じように検索エンジンは「Google」が利用されています。

※株式会社メンバーズWebサイト参照

日本語と同じようにGoogleでのSEO対策さえできれば海外ユーザからのアクセスが獲得できるのですが、問題はその難易度にあります。最近では位置情報も検索順位に大きな影響を与えているため、自国のWebサイトが検索に引っかかりやすいのが実情です。

ですので、個人的には海外言語SEOで多大な労力を使うよりも、リスティング広告を使うことをオススメしています。リスティング広告であれば低額の予算から始められ、即効性が期待できます。

ドメインやサーバに注意を払う

利用するドメインの種類についてですが、ターゲットとする国が決まっているのであれば、ドメインはその国のドメインを使うと検索で引っかかりやすくなります。日本であれば.jp、アメリカであれば.us、中国であれば.chです。ターゲット国が決まっていなければ.comが無難です。ゆえに海外ユーザをターゲットとしているのに.jpを使うのはナンセンスとなります。

次にサーバですが、サイトの表示速度が検索エンジンの評価に繋がるため、サーバは物理的にターゲット国の近くにあった方が表示速度が上がるため有利と言われています。スペックやセキュリティの評価など、海外サーバだと評価するのが難しく難易度は高いですが、表示速度を気にされる人はご自身で最適なサーバを探してみてはいかがでしょうか。

翻訳は必ずネイティブチェックを入れる

自社ホームページの問合せフォームから中国企業の営業メールを受け取ったことがある方も多いと思いますが、日本語が滅茶苦茶なことが多いですよね。あれを見るといつも呆れてしまいますが、同じように自社の外国語ホームページもネイティブな翻訳をしないと、現地の人にとって読みづらいものになってしまいます。

よって、翻訳を依頼する際は必ずネイティブチェックを入れられる翻訳者(できればターゲット国に住んでいる、長いこと住んでいた方)が望ましいです。翻訳の発注はクラウドソーシングを使い、行うことをオススメしますが、翻訳文の品質を見極められない方は、

  • 翻訳者の過去の実績
  • ネイティブチェックは別の人がやるかどうか
  • 更にはネイティブチェックする人のプロフィール など

翻訳者を慎重に見極める必要があります。

外国語ホームページ制作事例集

弊社で制作をお手伝いさせていただいた外国語ホームページをいくつかご紹介いたします。

鈴民精密工業所さま

工業ミシン用刃物の販売に特化した英語ホームページの制作事例です。リスティング広告の活用により、多い月は10件以上の問合せが海外から入ってきています。テストマーケティング段階からお手伝いしていますが、様々な地域(国)に広告を打った結果、当初ターゲットとして想定していなかったインドが有力であることが判明し、現在ではメインターゲットに据えています。

小林工具製作所さま

鍛造技術、工具製造技術をアピールするために英語ホームページを制作した事例です。ターゲットはイギリスをはじめとしたヨーロッパ圏内です。ドイツ企業がターゲットとしている市場へメイドインジャパンの品質で挑戦中です。

岐阜精器工業さま

最近主流になりつつある「USB TypeC」を製造するためのプレス加工技術をPRするために英語ホームページを制作した事例です。ターゲットがかなりニッチだったため、問合せは少数でしたが、リスティング広告は使わずに海外言語SEOだけで頑張った事例です。

上述したように、日本語ホームページと違い外国語ホームページならではの気をつけるポイントは多くあります。制作を外注する際は、海外市場の調査、翻訳の手配、外国語ページの制作まで、一通り実績のある制作会社に頼むことがおススメです。

弊社でも外国語ホームページの制作・運用支援を行なっておりますので、ご要望の方はお気軽にご連絡ください。

徳山 正康

徳山 正康テクノポート株式会社 代表取締役

投稿者プロフィール

2004年に新卒入社したITベンチャー企業から現在に至るまで10年間以上に渡り中小製造業のWebマーケティング事業に携わる。2010年に株式会社オールプレジデント(現テクノポート株式会社)を設立し、Webマーケティングの他に製品開発やブランディングにも携わることで、中小企業の経営革新を支援している。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-23

    BtoB製造業におけるオウンドメディアの在り方

    ものづくり経革広場の徳山です。今回は「BtoB製造業におけるオウンドメディアの在り方」について、「オ…
  2. 2018-4-18

    今、時代が求める「経営者の考え方」とは

    第1回目の連載では、経営とは、全人格を賭けた戦いであり、経営において最も大切なことは経営者の考え方で…
  3. 2018-4-16

    第1回 TECHNO-PORT TALK NIGHT セミナー開催のお知らせ

    TECHNO-PORT TALK NIGHTでは、セミナーや交流会を通じて最先端の経営手法やトレンド…
  4. 2018-4-13

    3つの切り口から中小製造業のIoTの活用を考える

    今回は、中小製造業の間でも、当たり前のように話題に出る「IoT」についてです。弊社でも「IoTを導入…
  5. 2018-4-11

    経営工学と技術経営教育

    ものづくりドットコムの熊坂です。年が明けたと思っていたら、もう新学年です。私が山梨学院大学で…

セミナー開催のお知らせ

ページ上部へ戻る