中小製造業のリスティング広告運用におけるポイント

ものづくり経革広場の徳山です。今回はリスティング広告を中小製造業が運用する際の注意点などについて書いていきます。リスティング広告は、BtoBの仕事をしている製造業にとっては活用する機会が少ない手法ですが、うまく活用して多数の顧客を獲得している企業も少なくありません。

リスティング広告とは

今更ではありますが、リスティング広告についてご説明します。リスティング広告とは、検索エンジン(Yahoo!やGoogleなど)でユーザーがあるキーワードで検索した時に、その検索結果に連動して表示される広告のことです(下図参照)。

広告主は検索で引っ掛けたいキーワードを選び広告を出稿することができます。広告料金はクリック単価×クリック回数となり、人気のキーワードであればあるほどクリック単価が上がる仕組みになっています。

それに対し、広告枠の下に表示されるのが「自然検索(オーガニック検索)枠」です。自然検索とは、検索エンジンにおいて、検索結果一覧ページに表示されるWebサイトのうち、リスティング広告などの広告枠を除いた部分を指します(上図の青色箇所です)。自然検索枠の検索結果は自社のWebサイトのコンテンツを充実させることで徐々に上位表示させていくことができます。この枠内で順位を上げていくための対策を「SEO対策」と呼びます。

※SEO対策で頑張りたいという方はこちらの記事をご覧下さい。

リスティング広告のメリット

リスティング広告を使うことと、自然検索でSEO対策を頑張ることの違いは具体的に何なのでしょうか?両者を比べた際のリスティング広告のメリットについて掘り下げていきます。

①即効性がある

自然検索の場合、SEO対策を行い自社のWebサイトを育てていかなければ検索順位を上げることができません。しかし、リスティング広告の場合、自然検索枠よりも上にWebサイトをすぐに掲載することができます。

②確実な効果が見込める

テレビや新聞広告であれば、掲載するだけで広告料金を支払わなければなりませんので、どれだけの人が見るかの保証はありません。リスティング広告は「見られた回数×クリック単価」に対する広告料金となるため、投じた費用に応じた確実な効果を見込むことができます。

③好きな広告文(タイトル)を掲載できる

自然検索で表示されるタイトルと説明文は検索エンジンが決められたアルゴリズムによって自動的に表示されます。リスティング広告の場合は、広告文(タイトル)を出稿主が決めることができるので、確実にユーザーへ伝えたい文章を掲載することができます。

メリットだけ羅列しましたが、デメリットは「お金がかかる」こと以外は無いと思います。しかし、活用を始める上で考慮すべきポイントがあると考えています。

中小製造業におけるリスティング広告活用時に考慮すべきポイント

弊社では中小製造業がリスティング広告を活用する場合にいくつか考慮すべきポイントがあると考えています。下記のポイントに自社が当てはまるかどうか考えてみてから広告出稿を始めることをおススメします。

①自社がニッチな業態である場合

自社の業態がニッチであればあるほど、対策を行うキーワードもニッチなものとなります。そして、ニッチなキーワードであれば競合数が少なく、広告など利用しなくても自然検索からユーザがWebサイトへ辿り着いてくれます。つまり、SEO対策によって検索順位を上げれば十分に見てもらえるということです。中には自然検索で十分に上位表示できているにも関わらず、広告出稿までしてしまっているケースもありますので、自社サイトの順位チェックを行ってみてください。

②工場の稼働率との兼ね合い

製造業の場合、受注型のビジネスを行っている企業が多いと思います。当り前ですが、工場の稼働率が高い時は条件に見合った仕事しか受注できず受注率が下がってしまうため、広告対効果が悪くなってしまいます。
逆を言うと、一時的に工場の稼働率が低い時に波を埋めるためにリスティング広告を活用する、という効果的な使い方も考えられますので、自社で広告管理ができる会社は是非お試しください。

③引合から受注までのスパンが長い業態

受注型企業の場合、Webサイトから引合→即受注ではなく、Webサイトから引合→受注可否の判断→見積り提出→受注といった流れを踏むと思います。リスティング広告経由で入る引合の受注率や受注スパンなどを計測しておかないと正確な広告投資効果を算出することができません。引合に振り回されて本業が疎かになってしまうようでは本末転倒です。

海外Webマーケティングでの活用例

最後に、海外展開の足掛かりとしてリスティング広告を活用するという方法があります。
中小企業が海外進出を考えた時に、そもそも自社のビジネスはどのエリアでニーズがあるのか分からないので、まずはその調査から始めなければならないといったケースが少なくないと思います。

そんな時に、今までであればそれなりの労力やコストを投じて市場調査を行っていたと思いますが、その代わりにリスティング広告を活用しテストマーケティングを行う、というものです。

進出候補となる複数のエリアに小額のリスティング広告を出稿し、どの国やエリアからアクセスが多かったか、どのような検索キーワードを使ってアクセスしてきたか、などを分析することによって自社が進出すべきエリアの優先順位をつけることができます。
弊社でもリスティング広告の活用を行った具体的な事例がありますので、こちらをご覧下さい。


以上、中小製造業がリスティング広告を使う上でのポイントでした。弊社は自然検索対策を中心にコンサルティングを行っていますが、リスティング広告運用のご支援も行っておりますので、ご要望の方はお気軽にご連絡ください。

関連記事一覧