SEOってお金かかるの?その費用を調べてみた

こんにちは。ものづくり経革広場の橋本です。

今回はホームページには欠かせないSEOの費用に関してです。

SEO対策費用の相場は◯円ということができません。それは、SEO対策を行う際の状況やどんなキーワードで検索順位を上げたいかなど、スタートやゴールの位置がそれぞれ違うからです。そのため、かかる費用が高いから良い、安いから悪いとは一概には言うことができません。では、各SEO会社のサービス体系と費用をみていきましょう。

成果報酬型

成果報酬型とは、あらかじめ上位表示させたいキーワードを設定し、そのキーワードの上位表示が達成できたら費用が発生するという仕組みです。費用は上位表示させたいキーワードによって変わってきます。競合数が多いキーワードほど上位表示させる難易度が高くなるため、その分SEO対策費用も高くなります。

ただ、Googleのアルゴリズムが進化してSEO対策のハードルが上がってきています。そのため、成果報酬型のSEO会社は儲かりにくくなり事業から撤退する会社も多いのが現状です。

メリット

成果が出ない間は費用が発生しない

デメリット

上位表示が成功しても受注につながらなければ、他形態のSEO会社より費用が高く付く場合がある

固定報酬型

被リンクによって順位を上げようとするSEO会社です。被リンクとは、他サイトに自社のリンクを貼ってもらうことです。以前はこの被リンク対策は上位表示を達成するための非常に有効な手段でした。

しかし、最近は過度な被リンクはペナルティとなり、検索順位を落とされてしまうようになりました。そのため、このタイプのSEO会社はかなり少なくなってきています。

費用は毎月一定金額を支払うため、低価格である傾向があります。

メリット

毎月の費用が安い

デメリット

効果が出ていない間も費用がかかる

Googleのガイドライン違反にあたる可能性がある

コンサルティング型

ook82_gurafuwoyubisasu20131223_tp_v

ホームページの解析データを見て改善点を提示したり、その会社の強みやマーケットを考えた上でホームページ更新のための提案をします。被リンク対策だけでは上位表示ができなくなってきたため、被リンク対策(外部対策)からホームページのコンテンツ対策(内部対策)業務へと移行する会社が増えてきています。

費用としては毎月の固定型となりますが、上記の固定報酬型と違うところは被リンクに頼らないところにあります。良質なコンテンツをしっかりと作り込むことで上位表示のみならず、問い合わせへの導線も考えた対策となります。

メリット

上位表示を狙うだけではなく、訪問したユーザーを問い合わせにつなげるような対策ができる

デメリット

同じ作業時間、料金でもコンサルタントの能力によって提供価値が変わる

コンテンツ提供型

検索エンジンは情報が豊富なホームページを高く評価します。つまりユーザーが求める情報を提供しているホームページを優先的に上位表示させるため、情報量の多さは検索結果に影響します。

費用はピンキリで、1記事あたり1,000円のものから数万円程度までと幅があります。全てではありませんが、コンテンツの品質と料金は比例しやすいです。

メリット

コンテンツを充実させることができる

コンテンツはなるべく自社で作成したようが良いが、時間がないときには重宝する

デメリット

作成するコンテンツの業界についてSEO会社に知見がない場合、品質が低いことがある

最後に

如何でしたか。SEO会社は費用も能力もピンキリです。手間のかかるサービスには高い費用がかかりますが、だからといって費用が高いSEO会社が良いというわけではありません。貴社の現状から、適切なSEO会社を見極めることが大切です。そのためには、SEOに関して少し勉強する必要があるかもしれません。

関連記事一覧