ホームページに人物写真を入れる効果

こんにちは、ものづくり経革広場の橋本です。今回はホームページに人物写真を入れる効果についてです。

文字でたくさん説明しても、あまり読まれまない

そもそも、写真や画像を入れる効果ってあるのでしょうか?

Search Engine Journalのコラム「Visual Storytelling: Why Data Visualization is a Content Marketing Fairytale」によると、一般的な読者は1ページにある単語総数の28%しか読まないため、書いてある内容がどんなに素晴らしくても視覚化しなければ十分に内容を伝達できないそうです。

なぜかというと、文字だけでは脳が疲れてしまうんです。脳は視覚処理に優れているため、理解しやすい写真や画像を文字より好みます。写真や画像というのは、情報伝達において非常に効率の良いツールなのです。文字でたくさん説明しても、悲しいことにあまり読まれません。

人物を入れるとどんな効果があるの?

では、人物写真をホームページに入れるとどんな効果があるのでしょうか。

大きく分けて4つあります。

  1. 信頼感
  2. 安心感
  3. 親しみやすさ
  4. 記憶に残る

この様な効果があるのは主に下記2つの効果が理由と言われています。

①写真の中で、最も人の目を引く効果があるのは顔写真

SNS(facebookやinstagram)でも、風景やモノの写真より人の写真のほうが目に付きますよね?人間は本能的に最初に目が行くのは相手の顔だと言われています。

②ザイオンス効果(単純接触効果)

1968年、アメリカの心理学者ロバート・ザイオンスが提唱しました。

「人間のある対象への好感度は、その対象との接触回数に依存する」

つまり、同じ人やモノに接する回数が増えるほど、その対象に対して好印象を持つようになる効果です。最初に聞いたときはそんなに好きではないと感じた歌も、何回も聞くと段々と好きになるような感じです。

上記の2点より具体的には、

  • 人物写真を使うことによりユーザーの注意を引くことができる
  • どんな人物がいるのかがわかり、安心感、信頼感につながる
  • 何度も同じ写真を見ることにより、親しみやすさが生まれる
  • 写真(代表・従業員・製品等)があることで、記憶が残りやすくなる

というような効果が得られます。以上のことから、ホームページに人物写真を載せることは非常に有益なことだとわかります。

効果的な使い方

トップページやプロフィール写真には顔写真を

顔写真があるものとないものでは注目度がかなり違ってきます。先述の通り、顔写真は記憶に残りやすいのでトップページやプロフィール写真に顔写真を載せることは効果的です。

abo_pic_001

こんな感じですね。この会社の代表はこの人なのか!と印象づき、記憶に残りやすいです。また、相手の顔がわかると信頼感にもつながります。

技術紹介ページには作業姿や製品を持つ姿の写真を

人間は、相手の目線や指差している方向に自然と目が行く習性があります。

FCFG100112647_TP_V

まず顔に目が行き、次に右側に持っているものに目が行きませんか?この人の目線に誘導されているのです。作業している姿や製品を持っている姿であれば、作業や製品にも注意が向きます。よって、作業工程や技術・製品紹介のページで人物も一緒に写すと効果的です。

  1. 提供しているものの説得力が増す(大きさなど)
  2. 技術力や製品を実際に提供しているという証拠になる
  3. 信頼性が向上する
  4. 記憶に残る

最後に、人物写真をうまく使っているホームページを紹介します。

株式会社 蔦木

http://www.tsutaki.co.jp/index.html

社長、従業員、作業工程など人物写真が多く使われています。信頼感や安心感があり、親しみやすく記憶にも残るようなホームページだと思います。この記事のように、文字ばかりで無機質になっていないか、一度自社のホームページを確認してみるのはいかがでしょうか。

関連記事一覧