サイトマップ(構成)の作り方 〜どのようなページを作ればいいの?〜

ものづくり経革広場の徳山です。

今回は製造業者がホームページ制作時に頭を悩ませるサイトマップ(構成)の作り方について解説したいと思います。反響が出るサイトを作るために、どのようなページを作ればいいのか?といった疑問にお応えします。

サイトマップはなぜ作る必要があるか?

まずはサイトマップをなぜ作っておいた方が良いかですが、私は下記のように考えています。

  • サイトマップを可視化することで社内での情報共有がスムーズになり、社内での合意を得やすい。また担当が変わった際の引継ぎもしやすい。
  • 戦略をもとにサイトマップを描くことで反響の出やすいホームページを制作できる。
  • 公開後の管理(更新)を想定してサイトマップを作ることで情報が整理されたホームページを維持できる。

公開前にサイトマップを作成し、公開後もそれをもとに計画的な更新活動を行っていくことで上記のようなメリットが生まれていきます。

サイトマップ制作時に留意する3つのポイント

sitemap-eyecatch-pic-304x214

次に、具体的にサイトマップを作っていく際に気をつけるべきポイントを3つにまとめてみました。

  1. 検索された時のランディングページ
  2. ページの役割分担を考える
  3. 更新コンテンツを考えておく

順番に説明していきます。

1.検索された時のランディングページ

(※ランディングページとはユーザーが最初に訪問するページのことです。)

ホームページを制作する際にどのようなキーワードで検索したユーザがホームページに訪れて欲しいか、という点を誰しも考えると思います。そのため、検索された際にユーザをどのページにランディングさせたいかをあらかじめ想定しておく必要があります。

よくトップページがすべてランディングページに当たると思われがちですが、下層ページが検索にヒットすることが増えてきています。そのため、最初に下層ページに訪れた後のユーザをどう誘導していくか、を考える必要性が高くなりました。

ランディングページを考える上で重要なポイントは下記のものになります。

  • 検索エンジンで上位表示させたいキーワードで検索した時にどのページを引っ掛けたいのか
  • 検索ユーザがそのページにランディングした際にどのようなコンテンツが載っていれば離脱を防ぐことができるか
  • ランディングページの次にユーザへ見せたいページはどこのページか

といった点です。上記3つのポイントに気を付けながらサイト構成を考えていくのが良いと思います。

2.ページの役割分担を考える

A…ランディングページ
→SEO対策+ユーザにこのサイトは自分にとって意味があるサイトだと認識してもらう(興味を持ってもらう)

B…訴求ページ
→自社の強みや特徴を知ってもらい、購買(問い合わせ)意欲を高める

C…クロージングページ
→問い合わせをしてもらう為の最後の背中押し(安心、信用してもらう)をする

製造業のホームページで言うと、製品や技術の情報は検索キーワードになりやすいのでAに当てはまります。Bは会社の強み(主にQCDのアピール)を紹介するページ。Cは会社紹介、よくある質問、問い合わせ後の対応などとなります。

過去に制作したサイトを振返り考えてみると、それぞれの役割を担うページ例として下記のようなものが挙げられます。

~ページ例~

ランディングページ
→製品紹介、加工事例、技術説明、加工材料紹介 など

訴求ページ
→品質の高さ、短納期対応、ソリューション(課題解決)事例、他技術との比較 など

クロージングページ
→FAQ、購入後のフォロー、お客様の声、品質管理、スタッフ紹介、メディア掲載・表彰 など

3.更新コンテンツを考えておく

ホームページの定期的な更新は不可欠ですが、頻繁に情報を追加しているホームページでよく見かけるのが、初期設計時に想定していなかったコンテンツを後付けでどんどん足していき、非常に見難くなってしまっているサイトです。これを防ぐ為には、あらかじめどのようなコンテンツをどのページで定期更新していくか、情報量が多くなった時にどのようなサイト構成に変化させていくか、といった点を考えておくことが大事です。それと同時に想定していなかった更新コンテンツを増やしたい場合にそれをどこに配置していくのか、といったルールも明確に作っておかないと、情報量が多すぎてユーザがどこを見れば良いのか分からない、といったサイトになってしまいます。

逆に更新を全く行わないのは上記よりも悪い状況を招きますので、どのページを中心に更新活動を行っていくかをサイトマップ設計時に明確にしておきましょう。

以上、今後ホームページ制作やリニューアルを考える際に少しでも役に立てば幸いです。

関連記事一覧