ホームページを内製する時にチェックしておきたいポイント

こんにちは、ものづくり経革広場の渡部です。弊社はホームページの制作をお仕事とさせて頂いておりますが、弊社のような外注に依頼する方だけではないと思います。制作から運営まで、すべて自社で内製しようと計画しているところもあると思います。また、既に運営をしている人、中には今まさに制作途中の方もいらっしゃるかもしれません。

我々も様々なお客様のWebマーケティングに携わらせていただく中で、自社でホームページを制作・運営している方で、うまくいっている方、そうでない方たくさんいらっしゃいます。

(ここでうまくいっているというのは、自社のホームページを営業ツールとして活用できている事を言います。)

今回は内製をする場合に、うまくいくためにチェックしておきたいポイントについて考えていきたいと思います。

少なくとも1人は、ホームページを公開できる人間は近くにいるか?(社外含む)

まず最初にチェックしておきたいところは、ホームページを公開するにあたっての関門を突破できるかです。最近はワードプレスなどを使って、ブラウザ上でホームページをつくるシステムが増えてきていますが、そういったもので制作を進める場合でも、実際に公開の段階になって、つまづくことがあります。サーバーの契約状況、ドメインの管理など・・・。せっかく制作したものが公開されずにお蔵入りになってしまわないように、気をつけましょう。

「あ、うちは、インターネットとかメールとかの面倒見てもらっている人がいるから、大丈夫だな」と思った方。要注意です。我々も実際にありましたが、契約しているサーバー会社に連絡を取り、技術的な事を聞いても、さっぱりな答えが返ってくることがあります。そもそも会社のネット環境を構築するのと、ホームページを構築するのは仕事内容として全く違います。この項目に関しては社内でなくても構いませんので、知り合いや、家族などできる人がいるか確認してみましょう。「パソコンに詳しい」とは別の知識なのでご注意を。

制作、定期的更新に必要なコンテンツを用意できるか?

上記の事項が確認できたら、今度は実際に制作に必要なコンテンツが用意出来るかどうかをチェックしてみましょう。自社でホームページを作ろうとはしているんだけど、1年止まっているなんて話はよく聞く話です。

  • ターゲットはどこか?
  • 自社の得意とする技術は何か?
  • 他社と比べて勝てる部分はどこか?

上記の様な事を企画し、コンテンツを用意できる事が重要です。コンテンツを用意できないと、制作がとん挫してしまい、結局会社概要的なホームページになってしまう可能性があります。

社員の中に制作、運用ができる適正とそのやる気がある人がいるか?

0I9A111415030157cyotto_TP_V

実は意外と重要なチェックポイントです。というのも、ホームページを制作・運営をしようとすると、結構な労力と時間がかかります。経営者だけでやろうとしても、社長業もある中で制作もとなると、夜な夜な制作を孤独に進めるということにもなりかねません。社員の中で、ホームページの制作をしていく事に興味があり、なおかつ、その適正がある人の立候補を募ってみましょう。または、適正があるなと思う人に直接話を振ってみましょう。

誰も手が上がらないようであれば、うまく行くのはイバラの道かもしれません。コツコツと進める覚悟を決めましょう。

制作、運用に対して、評価があるか?

最後にもう一つ。これは我々からの願いも含まれていますが・・・。これまでのチェックポイントでもあったように、ホームページの制作には思っているよりも、結構な、大変な労力と時間がかかります。上記のチェックポイントで、立候補してくれて任命した社員には、ホームページの制作を仕事としてしっかりと評価するシステムを作りましょう。

本業とは違うから・・・。うちの仕事は機械動かしてなんぼだから・・・。とサービス残業の考え方でホームページの制作、運営をしているといつの間にか放置状態になってしまいます。

いかがだったでしょうか?今回は社内でホームページを内製する際にチェックしたいポイントでした。チェックしてみたけど、なんとかなりそうだ。また、うちのホームページの運営が上手くいかないのはここが悪かったのか。と気づきになれば幸いです。また逆にうまくいきそうにない。と感じた方。また、上手くいかないポイントが分かったけど、社内ではどうしようもないかもしれないと感じた方。外注も視野に入ってくると思いますので、次回は外注する際にチェックしておきたいポイントを紹介します。

関連記事一覧