海外WEBマーケティングサイト 続々と公開中!

ものづくり経革広場の徳山です。

以前から海外展開をしていきたいと考えるものづくり企業の方はいらっしゃいましたが、ここ最近ぐっと増えているのがWEBマーケティングという手法で海外展開をしていきたい、という声です。

昨年の後半あたりから当社へもそのような要望が急増し、いくつかの海外WEBサイト制作に携わることができましたので、ここでいくつかご紹介していきたいと思います。

岐阜精器工業さま
http://gifu-seiki.com/

gifuseiki.com

中国に生産拠点を持ち、絞り加工の仕事を行っている岐阜精器工業さま。

新規格のUSBコネクタの絞り加工技術を海外へ展開していこう、ということで立ち上げたWEBサイトです。

ターゲット国は主にアメリカ、台湾、韓国など。これから急成長が期待される市場を獲得していくべく、USBコネクタの加工技術のみにピンポイントでPRしています。

鈴民精密工業所さま
http://www.suzutami.com/en/

suzutami

幅広い加工設備を所有し、各種工業用ミシン機の部品を製造されている鈴民精密工業所さま。

海外展開に最も適した製品と考えている「工業用ミシン刃物」を海外の縫製工場へ直販するために立ち上げたWEBサイトです。

ターゲット国は主にベトナムやミャンマーといった東南アジア。昨今、縫製工場の多くが中国から東南アジアへ移ってきています。そのような工場の多くが粗悪品の刃物を使っていることがあり、最高品質を持つ同社の製品にニーズがあるのではないか、という狙いでPRしていきます。

栄信工業さま
http://www.handachable.com/en/

eishin

ものづくり経革広場でもよく取上げているご存知(?)の超音波はんだごて「ハンダッチャブル」を海外メーカーへ販売するためのWEBサイトです。

日本語サイトではWEB経由でかなりの台数の販売に成功した当サイト。かなりページランクも上がりSEOも強いサイトなので、デザインやレイアウトはそのままに英語サイトを立ち上げました。

ターゲット国は東南アジア。特にタイは日系メーカーも多く輸出実績もあることから力を入れてPRしていきたい、とのことです。

海外WEBサイトのPR方法

海外WEBサイトを立ち上げても見られなければ意味がありません。日本語WEBサイトと大きく変わる訳ではありませんが、海外WEBサイトをPRするための方法をいくつかご紹介します。

①海外SEO

ターゲットとなる国で使われている検索エンジンで上位表示されるよう対策し、海外ユーザからのアクセスを増やす方法です。
ターゲットとなる国ではどのようなキーワードで調べられているか、どれぐらいの検索需要があるか、といった点を調査した上でSEO対策を行っていきます。

また、少し専門的な話になりますがGoogleのSearch Consoleなどのツールを使い、ターゲット国を指定する方法などもあります。その辺りの詳細はまた別のブログで。

②リスティング広告

お金はかかりますが手っ取り早くアクセスを増やす方法として最適です。SEOと違い即効性がありますので、効果検証のスピードを早めることができます。

また、地域別に広告を表示することが容易にできるので、どの国にどれぐらいの潜在顧客がいるかをテストマーケティングすることができます。

③クラウドソーシング

いま当社でも力を入れているのが海外展開におけるクラウドソーシングの活用です。

ターゲットとなる国の事情に長けていたり、現地の企業とコネクションを持っている方とクラウドソーシングで直接繋がることにより、効率的に海外WEBサイトをPRすることができます。

仕事を受けてくれる方の多くが個人ワーカーなので、海外進出を支援するコンサルティング会社に仕事を頼むよりも遥かに安いコストで仕事を依頼することが可能です。

 

海外WEBサイト立ち上げの支援をいくつか行いましたが、成果がでてくるのこれからです。
また成果が出てきたらものづくり経革広場で情報提供していきたいと思います。

関連記事一覧